イベントとセグメントについて

一部のユーザーのみにプッシュ通知やアプリ内メッセージを配信するために

LogBase では、全てのユーザーではなく一部のユーザーにセグメントしてプッシュ通知やアプリ内メッセージを配信することが可能です。 セグメントの種類としては、イベント情報を利用する「結果セグメント」、タグ情報を利用する「タグセグメント」の2種類があります。 ここでは「イベント」と「結果セグメント」についてご説明します。

※「タグセグメント」については、こちらをご参照ください。

イベントとは

LogBase では SDK を通じて、ユーザーのアプリ内での行動を「イベント」として蓄積することができます。 イベントを活用することで、「ユーザーのリテンション分析」や「結果セグメントの作成」を行なうことができます。

SDKの組み込み時に設定することで、イベントは自由に設定して頂くことが可能です。 イベントの設定方法についてはこちらのページをご覧ください。また、以下のイベントタグは初期設定の状態でも利用できます。

イベント名発生タイミングパラメータ名パラメータ内容
push_openLogBase経由のプッシュ通知をユーザが開封した時pushTokenstring配信されたプッシュ通知のID
pop_viewアプリ内メッセージが表示された時messageRuleIdstring表示されたアプリ内メッセージのID
variationIdstring表示されたアプリ内メッセージの案ID
pop_tapアプリ内メッセージのタップ可能領域をユーザがタップした時messageRuleIdstring表示されたアプリ内メッセージのID
variationIdstring表示されたアプリ内メッセージの案ID
tappableAreaIdstring表示されたアプリ内メッセージのタップ可能領域ID
app_foregroundアプリがフォアグラウンドに来た時---
purchase_itemlogPurchaseEventを利用して購入された時contentsNamestring購入品目
contentsCategorystring購入カテゴリ
contentsAmountinteger購入数
currencystring通貨
contentsValuedouble金額

LogBaseではこの「イベント」情報を用いて「結果セグメント」を作成します。

結果セグメントとは

LogBase では「イベント」情報を使って作成する「結果セグメント」を活用することで、特定のユーザーのみに配信を行なうことができます。

例えば、「ゲームのチュートリアルを完了したユーザー」「商品をお気に入りに登録したことがあるユーザー」 「プッシュ通知の未開封ユーザー」といったセグメントが作成できます。